~[創業と黎明の時代] 株式会社西野商店 ~

・1922年(大正11年)、現在の東京都台東区元浅草にて乾物食料品卸売店を創業。
・1952年(昭和27年)、「株式会社西野商店」を設立。
・1950年代、七味唐辛子の製造・販売を始まりに、業務用辛子、カレー粉などの乾物食品を通じて取扱高と販路を拡大。のち、花かつお、ふりかけ、パン粉、小麦粉、マカロニと、徐々に取引メーカーと取扱商品の幅を広げる。
・1960年代、元浅草に本社西野ビルを新築。取扱商品としては、炒飯の素、焼きそば粉末ソース等のほか、即席ラーメン、缶ジュース、インスタントカレー、インスタントコーヒーといった商品が一般家庭における食生活の変革とともに大ヒット。当時まだ未知数であったスーパーマーケット業態に対して積極的アプローチを行い、同業態の時代の到来に向けて大きなアドバンテージを獲得。1961年、ネスカフェの取扱いを始めとして伊藤忠商事(株)との取引を開始。

1.syouten.jpeg

昭和初期の西野商店

3.tougarashi.jpeg

右から左に売れたという、
七味唐辛子小袋のデザイン

4.kikugarashi.jpeg

辛さの持続が売りの「菊がらし」

2.hanten.jpeg

西野商店の半纏姿の社員

~[発展と激動の時代] 西野商事株式会社 ~

・1971年、伊藤忠商事(株)との合弁にて「西野商事株式会社」(資本金:1億円、出資比率:(株)西野商店65%、伊藤忠商事(株)35%)を設立。 伊藤忠グループの食品総合商社としての一翼を担う。
・1970年代、大型配送センター、支店、営業所を各エリアに相次ぎ新設。冷凍食品の取り扱いを開始し、外食産業との取引に踏み出す。
・1980年代、コンビニエンスストア時代が到来。問屋としては他に先駆けて体制整備を行い、ファミリーマートの旗揚げに参画する。1984年、資本金を2億2千万円に増資。
・1990年代、物流共配センターの始動。ペットフード事業の強化、菓子・日用雑貨・酒類などへ事業参入。IT化に注力し、1990年に最新ピッキングシステムを導入した千葉・野田センターを開設。以降、全国物流拠点の整備拡充および全国同質のセンター運営に注力。

7.teikeikiji.jpeg

一大センセーションとなった
伊藤忠商事との提携

9.familymart.jpeg

ファミリーマート1号店

11.kuki-pickingsystem.jpeg

デジタルピッキングシステム
(久喜センター)

15.nishitama-center.jpeg

イトーヨーカ堂加食共配センター
(西多摩)

~ [変革と新たな挑戦の時代] 株式会社にしの ~

・2007年、西野商事(株)が同じ伊藤忠グループ系列の(株)日本アクセスと合併。2010年、(株)西野商店は、保有する(株)日本アクセスの全株式を伊藤忠商事(株)に売却することで、食品卸事業から離脱。
・2012年、(株)西野商店は「株式会社にしの」に商号を変更し、不動産管理事業を柱としながら、時代を見据えた新たな事業分野の開拓を開始。
・2013年、飲食業の企画・経営を事業とする部門として、フード&プランニング事業部を新設。

当社事業のご紹介はこちら